コンテナギャラリー

海上輸送についてもっと語っていきましょう。何しろ、私達の身近なインターネットショッピングにおいても、海上輸送は大事なキーワードです。

インターネットショッピングで、スムーズにスピーディーなショッピングを楽しみたいという人たちが、どの程度海上輸送について理解していらっしゃることでしょうか。いま、インターネットショッピングを支えている海上輸送の偉大さを実感したいただきたいのです。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

FCL貨物とLCL貨物について

あなたは、FCL貨物とLCL貨物について説明することができるでしょうか。海上輸送の世界を支えているのは、海上コンテナです。

そして、海上コンテナは、FCL貨物とLCL貨物抜きにして語るのは不可能です。まず、

「FCL(エフシーエル)」、「LCL(エルシーエル)」の違いを理解しましょう。

「FCL」の流れ

「FCL」は、一荷主がコンテナを占有している貨物のことを言います。貨物をコンテナに詰める作業をしなければならない訳ですが、荷主が工場でするという場合もあります。

フォワーダーに依頼、業者の倉庫で行うこともあります。

そのような作業は、一般的には、荷主の手配によって行われます。

貨物を詰めた海上コンテナは、コンテナ・ヤードで、輸出入の通関、そして、貨物の受け渡しも行われています。

「LCL」の流れ

次は、「LCL」が何かということです。「LCL」は、FCL貨物とは違い、複数の荷主の貨物が混在している状況のことを言います。

それぞれのものは海上コンテナにまとめます。コンテナ詰めの場所は「FCL」とは違って、フォワーダーや船会社の手配によってコンテナ・フレイト・ステーションで行われています。

「LCL」は、通関や貨物の受け渡しもCFS(コンテナ・フレイト・ステーション)です。

それぞれにメリットデメリットがある

では、どっちの貨物の方法がいいかと言えば、それぞれにメリットデメリットがあります。

LCLのメリットとデメリットは、リーズナブル料金が行うことができることです。しかし、そこには自分の貨物でないものも含まれているため、他の貨物に接触して破損するリスクについても考える必要があります。

FCLのメリットとデメリットは、貨物を集めたり仕分けたりする必要がなくていいのですが。ただし、貨物の量がある程度必要なので、それなり貨物が確保出来ない限り、このような方法では割高になってしまうことも多々あるのではないでしょうか。