コンテナギャラリー

この現代社会においてレンタルコンテナまたは、レンタル倉庫と向きあうことは効率性のため大変いいことではないでしょうか。特に、いま注目していただきたいのは、レンタルコンテナです。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

レンタルコンテナとの向き合い方

いま、よく街を見回してみれば、非常にコンテナを利用した建築物に目がとまるのではないでしょうか。

トランクルームのレンタルコンテナもそのひとつです。

レンタルコンテナとは、マンションなど利用して作るトランクルームとは別のものであり、あくまでもコンテナを使用して利用するトランクルームです。

ISO海上輸送用コンテナか建築用コンテナか

どのようなレンタルコンテナをすればいいか、はじめての方々はなかなか難しい問題を抱えているかもしれません。おおかた大事なポイントだけ抑えておきましょう。

まず、レンタルコンテナを利用する上で、ISO海上輸送用コンテナか建築用コンテナかを抑えておく必要があります。

ISO海上輸送用コンテナは、建築用コンテナではないものを言います。

海上輸送のための作られたコンテナは、実は、レンタルコンテナとしては不向きです。ISO海上輸送用コンテナでも、強さは充分耐えることができますが、法律があってなかなか通過出来ない現状があります。

ただし、そうはいうものの、日本は後付で法律ができたようなところもあって、それぞれ自治体によって解釈も違っていたりすることもあり、実際にレンタルコンテナという場合、ISO海上輸送用コンテナを使用したレンタルコンテナは存在していることは存在しています。

そのようなとき、ISO海上輸送用コンテナを使用したレンタルコンテナを使用しているから悪徳業者ということにはならないので、業者のアドバイスをしっかり聞くようにしましょう。

それでもみなさんは、ISO海上輸送用コンテナ、建築用コンテナの違いが存在している程度のことは知らなければならないことです。

ISO海上輸送用コンテナか建築用コンテナはなかなか見分けがつかないかも

ISO海上輸送用コンテナ、また建築用コンテナを自分で見分けをつけることができ、判断することができればいいですが、建築用のコンテナも海上輸送をすることができるものなので、傍目に見てどっちがどっちということはなかなかわからないでしょう。

レンタルコンテナが突然なくなる?

レンタルコンテナを利用するとき、建築用コンテナかISO海上輸送用コンテナか程度のことはしっかり確認しておくことをおすすめします。

このような対応を無視してレンタルしてしまうことで、あとあと困った問題が起きてしまう可能性があります。

例えば、コンテナハウスに対する国土交通省の通知があなたのところに届く可能性があり、そこには、「コンテナを利用した建築物にかかわる違反対策の徹底について」の内容が記載されています。

つまりレンタルコンテナでも、建築確認法に適合しない違法建築物と判断されれば、是正指導されることになってしまうのです。

レンタルコンテナを利用したものの、実際にあとあと撤去しなければならないという事態に陥ってしまったケースが起きています。

用途地域に適合しているか

レンタルコンテナは、
非常に効率のいい方法だとしても、いろいろ私達も気にしなければならない問題があります。

横浜エリアでも、敷地の用途に適合していないゆえコンテナハウスを建築したあと、実際には利用する人たちの募集が既に行われていたのですが、除去命令が出て、やむなく従うケースが出てきています。NGと言われれば、やっぱり従わなければならない厳しい問題があります。

信頼できるレンタルコンテナ業者にお任せすればほとんどこのような問題は心配する必要はありませんが。それでも起こる可能性はないとは言うことはできません。やっぱり私達自身でも、理解しなければならない問題なのです。