コンテナギャラリー

海上輸送に関わる用語として、インランドデポという言葉があります。インランドデポは、内陸に設置された通関施設のことを言います。

インランドデポにおいて、通常港で行なわれる通関の業務を行うことができるので、経費の節減にも役立てることができ、また、スピーディーに手続きも行うことができます。

コンテナといったら

インランドデポとは

インランドデポという用語は、ちょっと聞き慣れないという方々もいらっしゃるのではないでしょうか。インランドデポは、内陸地で貿易ビジネスをスタートしようという方々にもおすすめしたい施設です。

保税蔵置場とインランドデポ

インランドデポは、保税蔵置場の種類のひとつとしてとらえることができます。保税蔵置場という用語がまたまたわからないという方々がいらっしゃるかもしれませんが。

保税蔵置場は、外国貨物の積み卸し、運搬、蔵置といったことを行うことができる施設です。

外国貨物とは、輸出の許可を受けた貨物、また外国から日本に到着した貨物のことであり、実際には輸入許可を受ける必要がありますが、それ以前のもののことです。

貨物を搬入してから、3カ月越えして、保税蔵置をするとき、蔵入承認を受ける必要があります。税関長に申請しますが、期間は、蔵入れ承認日から原則2年間とされています。期間を延長することも可能です。

では、インランドデポが何かと言えば、港や空港と言った場所から離れた場所にある”内陸保税蔵置場”のことを言います。

インランドデポは、単純に保税施設ということではなく、通関の役割を果たすことができ、通関、また保税実務をすることが出来ます。

インランドデポは、保税蔵置場以外の場所の施設、その他の施設、蔵置の施設、更に蔵置する貨物の種類、地域の国際化・活性化に資する観点を勘案、税関長が認める場所に設置することができます。

インランドデポの設置には、官・民協同計画が必要です。

インランド・デポを開設

商船三井ロジスティクスでは、2007年、新潟県見附市の県営中部産業団地に、インランドデポを設置しました。商船三井ロジスティクスの新潟インランド・デポは、株式会社新潟国際貿易ターミナルにおいての東アジア経済圏におけるSCM構想として整備されたものです。

もちろん、インランドデポの機能は、100%発揮される必要があります。商船三井ロジスティクスが追求しているものは、ニーズを先取りした総合的な物流サービスです。