コンテナギャラリー

海上輸送の用語とそして、コンテナターミナルも大事なワードであり、なくてはならない存在です。

さて、コンテナターミナルってどのような意味で、どのような役目を持っている場所なのでしょうか。コンテナが集結する港湾施設、それがコンテナターミナルです。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

コンテナターミナルとは

私達は、いま海上輸送を重点において勉強をしている訳ですが、海上輸送は、陸上輸送と決して切り離された存在ということではありません。絶対に海上輸送と陸上輸送が繋がる場所があり、コンテナターミナルは、いわば、海上輸送と陸上輸送の接点、つなぎ目という考え方をしていいでしょう。

実際に、私達は、バスターミナル、ターミナルホテル、第1ターミナルという言葉において、コンテナターミナルとも慣れ親しんでいるはずです。

ターミナルとは、交通機関が多く集まっている場所であり、人たちが乗り降りする場所のことを言います。

コンテナターミナルは、つまり、コンテナ貨物を載せた貨物船だったり、トレーラーやトラックが集合する場所のことです。

実際に、コンテナターミナルという言葉は、名前と意味がずれていることではなく、そのままズバリの言葉なのです。

保税地域という国が設けている特別地域

また、コンテナターミナルは、保税地域という国が設けている特別地域ということができます。海外から貨物が運ばれて来るものの、まだ、実際には日本の貨物としての許可は得ていないというものもありますよね。これから外国へと運ばれる貨物というものもあり、そのような貨物が、蔵置される場所です。

CY(コンテナ・ヤード)CFS(コンテナ・フレイト・ステーション)

コンテナターミナルにおいて、一番場所を占有しているものが、CY(コンテナ・ヤード)です。CY(コンテナ・ヤード)は、コンテナが積まれる場所です。

また、CFS(コンテナ・フレイト・ステーション)は、コンテナに詰まれる前の貨物が運び込まれる場所のことです。

向かう場所が同じ貨物はひとつにまとめられて、CYに積まれて行きます。そして、CYをガントリークレーンでおろしたりあげたりします。

また、コンテナターミナルには、保税地域の中でも、貨物の保管や荷捌きなどの作業を許可されているフォワーダーの上屋や、空のコンテナを蔵置している空バンヤード(バンプール)が設置されています。また、大きな港には石油やLNGを保管するタンクが設置されていたりします。