インスタライブをやってみた

ライブ配信するまでの準備

インスタライブ前の準備

思いつきでもすぐにライブ配信ができるインスタライブですが、私は事前に配信する内容や道具について準備をしました。芸能人や有名人はただ話していても、ユーザーが楽しめますが、私のようにライブ配信に慣れていないと失敗すると思ったからです。どんなことを配信したいのかを決め、事前に自分のインスタで告知しました。私は本業でメイクアップの仕事をしていることもあり、メイクに関してインスタライブをすることにしたのです。インスタライブは、インスタグラムに登録すれば誰でも配信することができるサービスです。お金は一切かかりませんし、いつ、どこからでも気軽に始められます。

インスタライブにあると便利な道具

インスタライブでは、アームスタンドが必須アイテムです。手にスマホを持ったまま行うのは難しいため、アームスタンドを購入しました。スマホの配信画面をパソコンに表示して、コメントなどを見るために、ミラーリングアプリもインストールしておきました。あと、ライティングが重要です。私は顔を見せるため、顔が明るく見えるライティングを準備。そして、商売道具である、配信で必要なメイク道具を自分の前にセッティングしました。

いいところ

誰でも手軽にライブ配信ができるところがインスタライブのメリットです。Youtubeはライバルも多いですが、インスタは事前にフォロワーさんがついているので、どのタイミングでも始められます。コメントをオンにしておいて、視聴者との相互コミュニケーションが気軽にできるのもポイントです。メイク動画をあげると、結構質問が飛ぶので、すぐに反応できるのがよかったと思います。普段のインスタ投稿よりも、よりフォロワーとのコミュニケーションが円滑で、楽しかったです。私は、副業でプライベートメイクレッスンを行なっているのですが、インスタライブをすることで、自分のHPへの誘導や、オンラインレッスンを獲得することができました。

私の場合はメイクを配信したかったので、動画は写真よりも圧倒的に伝わるのがメリットです。どんなニーズがあるのか、アンケートなどを気軽にすることができますし、コメント欄で話が出るので、ユーザーのニーズも掴みやすいです。メイク動画では、プチプラの化粧品を使った手軽なメイクや眉毛の描き方を知りたいという方が多く、オンラインでそのレッスンをしたら購買につながりました。インスタライブは、趣味の配信からマーケティングや販売促進まで幅広い内容で使えると思います。

悪いところ

インスタライブはライブなので、言葉遣いや言動には注意が必要です。言ってしまったことは取り返すことはできません。荒らしの原因にもなるので、常に人に観られているということを意識した言動が必要です。中にはわざと嫌なコメントをしてくるフォロワーがいました。ブロックしても、名前を変えてなんども同じような投稿をされることが多かったです。不特定多数に配信するため、そのようなリスクがあることは知っておきましょう。

インスタライブでは、スマホから配信することが多いので、コメントがとても見にくく、すぐに消えてしまうことが多々ありました。そのことがネックだったので、今は、パソコン、iPadを活用しています。自宅などで配信する場合には、スマホよりもPCやタブレットを使うのがおすすめです。その場で質問に答えられるように、商品名や聞かれそうなことはあらかじめ準備しておくとスムーズになるでしょう。ゆったりと配信をするのもいいですが、時間を決めて配信するのもメリハリができていいです。告知などをして、観てくれるフォロワーを確保しておくとよいでしょう。誰も観てくれないとせっかく配信しても悲しくなるので、配信前にしっかりインスタ上でアナウンスをしてください。